2009年05月07日

8/30 21日目 「最東端」

 今日はとりあえず最東端、納沙布岬を目指す。

 宿のおばあさんが、巻き寿司のような形のおにぎりを作ってくれたのでありがたくいただいていく。

 国道44号を東へ向かう。道端に鹿の死骸が横たわっていた。あんなものが飛び出してきたら、車なら勝てるかもしれないけどバイクだとこっちがやられてしまう。鹿には気をつけなければいけない。

 最東の街根室市に入る。
DSCN3587_s.jpg

 道の駅「スワン44ねむろ」で休憩。日本で一番東にある道の駅なんだけど、特にそれを売りにしている感じは無かった。静岡ナンバーのスクーターの方がいたので少し話をする。

 根室市街に入り、岬を目指す前に日本最東端の駅「東根室」に寄ってみる。ホームがあるだけの小さな駅だった。
DSCN3594_s.jpg

 道道35号を外回りで岬に向かう。だんだん霧が濃くなってきてどんどん視界が悪くなる。これだと岬についても北方領土は見えないかな・・・。

 そして岬に到着。まだ今日の宿を決めていなかったので、根室市のカジカの宿に決めた。

 不気味な汽笛のような音が聞こえてくる。灯台のほうに行ってみることにした。音の正体は灯台から発せられている霧笛だった。ものすごい音で、小学生たちが近づいて耳をふさいで遊んでいる。
DSCN3602_s.jpg

 岩場に座礁した船がそのまま放置されている。最北端宗谷岬と比べると険しく荒々しい印象を受けた。
DSCN3601_s.jpg

 北方館へ行く。ロシアが勝手に自分の領土だと言っているけど、北方領土は日本のものだ。

 霧が晴れてきた。一番近い貝殻島くらいは見えるかなと思ったけど残念ながら見ることは出来なかった。
DSCN3612_s.jpg

 バイクに戻ると掃除をしていたおじさんが「旗は貰いましたか?」と声をかけてくれた。旗を持っている人がいたのでどこかで売っているのかと思って探していたけど見つからなかったけど、おじさんが北方館の受付で「バイクで来たので旗が欲しい」と言ったらもらえると教えてくれた。旗を貰いにもう一度北方館へ行く。

 再び戻ると今度は先ほどの小学生に囲まれた。ナンバーを見て「浜松市ってどこですか?」って聞かれたので、「静岡県だよ」って言ったら??って感じだったので「静岡県は富士山があるところね」と言ったら納得してくれた。実際には浜松と富士山は納沙布と釧路と同じくらい離れてるんだけどこの際気にしないでおこう。
 
 小学生たちとしばらく雑談する。見知らぬ僕に何の警戒心も無く話しかけてきてくれる子供たち。北海道の人々の旅人に優しい気質は、小さな子供の時から持っているんだな。元気に遊びまわる子供たちを見ていると「東の果ての寂しいところ」だと思っていたイメージが消えていった。

 子供たちに別れを告げて走り出す。地図を見ると「カブ島」と言う島が近くにあるようだ。カブ乗りとしてはぜひ見ておきたいが霧が濃くて確認できる状態ではなかった。

 根室市街に戻り、サイロがある明治公園へ行く。
DSCN3618_s.jpg

 市役所近くの喫茶店でエスカロップを食べる。エスカロップはバターライスの上にトンカツをのせた料理。バターライスとカツのマッチングが絶妙でなぜ根室にしかないのか疑問。

 宿へ向けて走っていると浜松海岸というのがあった。
DSCN3620_s.jpg

 無事宿に到着。明日の朝晴れていると日の出がきれいとのことなので日の出の時間に一度おきてみることにする。


本日のルート

大きな地図で見る
posted by 三輪車ライダー at 02:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8/31 22日目 「一気に進むぞ」

 朝4時前に起きて窓の外を見てみたけど霧が出ていてとても日の出が見られる状況ではなかったのでもう一度眠る。

 今日の目的地は、中川郡池田町の池田北のコタンYH。

 まずは宿の近くの落石岬に行ってみる。だけど、途中のゲートからは徒歩20分以上かかる。晴れていれば歩いていただろうけど、霧が出ていて景色を楽しめる感じではなかったので引き返した。

 道道142号で西へ進む。相変わらず霧が濃い。霧多布といういかにも霧が出そうな所の辺りから霧が晴れてきた。琵琶瀬展望台で休憩。
DSCN3623_s.jpg

 そして、厚岸から国道44号に入り釧路を目指す。チェーンの辺りから異音がしてきた。そろそろ張ってやらなきゃダメかな。

 釧路市街へ。大きな街を走るのは久しぶり(一昨日釧路を通ったときは郊外を走った)のでなんだか大都会に見える。

 釧路から国道38号線へ。道の駅で休憩した後、とにかく走る。

 浦幌町内でマップルに出ていた弁当屋を探したけど、残念ながらしまっていた。結局昼食を食べずに先に進む。

 結構時間がかかると思っていたけど、寄り道をせずに走っていたおかげで16時過ぎには宿に着いた。明るいうちにチェーン張り作業。音が消えるかと思ったけど変わらなかった。油が飛んでいったのかな。

 同じ宿に泊まっていた横浜から来た方はは出身は浜松だそうだ。しかも家から10分くらいのところ。こんな遠く離れたところでご近所さんに
出会った。

本日のルート
釧路から先電源を入れ忘れていました・・・

大きな地図で見る
posted by 三輪車ライダー at 22:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

9/1 23日目 「走り出してはみたものの…」

 今日は山を越えて道央エリアに入りたい。

 スタートして、帯広市街方面へ向かう。チェーンの音が消えないので途中の店でスプレー式の潤滑油を購入。油をさしてやると音が消えた。昨日チェーンも張ったので乗り心地もいい。

 帯広市街に入る。帯広は豚丼がおいしいそうだ。街中で店を探すけど適当な店が見つからず、諦めた。

 帯広郊外の38号線はきれいな片側2車線の道路が平野を貫く。行ったこと無いけど、アメリカのハイウェイってこんな感じじゃないの?と思った。

 清水町から国道274号へ。いよいよ日勝峠の山越え区間だ。上り始めて少しのところのドライブインで牛トロ丼を食べる。「バイクで来ましたか?」と聞かれ「ハイ」と答えたら牛乳をサービスしてくれた。

 昼食を終え外に出ると雨が降り出した。ここから先50km以上山岳区間が続く。進むべきか退くべきか。峠を越えてきた人たちの会話を聞くと、どうやら状況はよくなさそうだ。

 こんなところで無理をして事故でもしたらいけないので今日は進まないことにした。新得町に無料のライダーハウスがあるようなのでそこを目指す。

 新得町屈足のライダーの館くったりに到着。無料だから期待はしていなかったけど、きれいな建物だった。なんとこのライダーハウスは町営だ。町まで旅人を支援してくれるなんて最高。

 中に入ると3名の方がいて、皆さんお昼寝中。僕も寝袋を広げる。旅に出ているのに、昼間から暇でゴロゴロしている。なんだか不思議な感じだけどこんなのもアリだな。久々に一人いろんなことを考えることが出来た。

 他の方が起きたところで挨拶をし、近くのスーパーに買出しに行った。宿代無料の上洗濯機も無料なので洗濯もする。

 夜は福田総理が辞任と言う衝撃的なニュースが飛び込んできた。ワンセグテレビを見ていた方がいたのでそれで「あなたとは違うんだ」会見を聴く。今から考えるとあのころの日本は景気も悪くは無く今と比べるとだいぶマシだったな・・・

 外は星空が広がっている。明日の天気は期待できそうだ。


本日のルートはナビの設定ミスで記録が保存されておらず9月7日までデータがありません。
posted by 三輪車ライダー at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

9/2 24日目 「山を越えて道央へ」

 天気は回復した。今日の目的地は千歳市の支笏湖YH。

 まずは38号線で狩勝峠を越える。広い道のなだらかな峠だ。

 頂上へ到着。十勝平野が見渡せる。
DSCN3624_s.jpg DSCN3626_s.jpg

 峠を越えた後は、道道1117号と136号でトマム経由で占冠へ向かう。路線番号が4ケタなのはさすが広大な北海道。

 トマムではいきなり高層ビルが現れる。山の中に建っているビルは異質な感じがする。
DSCN3633_s.jpg

 占冠から237号で日高へ抜ける。道の駅「樹海ロード日高」で休憩。さらに南下する。235号に入る。高速道路と併走するけど、側道も立派な道。高速とそんなに変わらないペースで流れている。今は無料開放されてるから高速を通る人もいるだろうけど、有料になったらわざわざ高速に入る人はいるんだろうか?

 苫小牧市街に入る。片側4車線の広い道が市街地を貫く。支笏湖へ向かう276号線へ。湖周辺にはコンビニはなさそうなのでセコマで夕食を買う。

 宿に到着。まだ明るいので、荷物を置いて湖畔の道を走ってみる。シーニックバイウェイと言うのに指定されていた。雲の間から光が漏れてくるのが美しい。
DSCN3635_s.jpg DSCN3636_s.jpg
DSCN3643_s.jpg DSCN3644_s.jpg

 湖のほとりの東屋で弁当を食べる。フツーのコンビニ弁当だけど、美しい景色の中で食べると味がぜんぜん違う。宿の風呂は温泉になっていた。
posted by 三輪車ライダー at 11:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

9/3 25日目 「お手伝い?お仕事?」

 今日は天気が悪い。進むべきかどうか・・・。北海道にいるのもあと少しなので今日はのんびりしようと決める。

 宿のおばあさんに連泊したいことを伝えると、「片付けを手伝ってもらえたら、料金を安く出来るけどどうですか?」と言われる。特に予定も無かったので「やります!!」と即答。

 片付けるのは泊まっていた建物の隣の建物。日本で最初のYHとして使うために建てられた建物だそうだ。ここの客室にぎっしり詰まった荷物を移動し、掃除するというもの。

 連泊するもう一人のお客さんと、おばあさんの息子さんと一緒に作業開始。大量のスキー板などを移動する。ウィンタースポーツとは無縁の僕にはこういうものを扱うのは結構新鮮だったりする。

 片付けた後は工事関係者の事務所&宿泊所として貸し出すそうだ。宿とはちょっと違うけど、物置になってるよりは本来の使用目的に近づく。

 荷物を片付けたら次は掃除。もう一人の方と自分が宿として使うならどこをどうするって話で盛り上がる。山小屋っぽい雰囲気の内装は色々こだわっていて、ちょっと直してやれば、十分宿として使える。いつか復活しないだろうか・・・

 作業終了。元の姿に近づいた室内を見ておばあさんが「なつかしいなぁ〜」って喜んでるのを見て疲れが吹っ飛んだ。

 夕方湖畔を散歩。
DSCN3652_s.jpg DSCN3654_s.jpg

DSCN3663_s.jpg DSCN3672_s.jpg

 おばあさんはこの建物を記念館にしたいそうだ。もし実現したら来てみたいな。
posted by 三輪車ライダー at 00:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

9/4 26日目 「チキウは丸い」

 今日の目的地は亀田郡七飯町の大沼公園YH。室蘭、洞爺湖を経由して向かう。

 昨日お手伝いをした建物の前で一枚。なかなか雰囲気のある建物でしょ?
DSCN3677_s.jpg

 今まで曇った写真ばかりだった支笏湖も今日はいい天気。
DSCN3690_s.jpg 

 苫小牧市内へと坂を下る。対向車線で白バイが獲物を捕獲していた。苫小牧から国道36号線へ。車は多いけど流れのいい道だ。室蘭まで平均速度50km/h位で走れた。

 東室蘭から自専道路になったのでインターを降りる。旧道を走りチキウ岬を目指す。この岬は街から近いところにあり、住宅地の中の坂道を登っていく。今までの岬とはちょっと違う。

 チキウ岬に到着。展望台へ向かう。小学生たちが灯台の見学に向かっている。ついていって一緒にに見学したいけど・・・。

 展望台から見ると水平線が丸く見える。地球が丸いことの証拠だ。
DSCN3701_s.jpg

 駐車場に戻ると見覚えのある車が止まっている。しばらくすると持ち主の方が戻ってきた。「あのぉー、10日くらい前に名寄のYHに泊まっていませんでしたか?」っと声をかけたらあちらの方も気づいたようだ。8/24に同じ宿に泊まり一緒にビールを飲んだ方だ。この広い北海道の中でたまたま同じ時間に同じ場所にいるなんてすごい偶然だ。しばらく雑談して別れた。「また何処かでお会いしたらよろしくお願いします・・・」

 北海道のラーメンと言えば函館の塩、札幌の味噌、旭川の醤油が有名だ。そしてここ室蘭はカレーラーメンだ。店を探しながら走っているとちょうど見つかったので入る。カレーうどんとはまた違った感じでおいしかった。
D1100002_s.jpg

 国道37号に入り目的地を目指す。まっすぐ行けばいいんだけどちょっと洞爺湖へ寄り道してみる。このときはサミットからまだ2ヶ月ほどで、記憶にも新しかった。

 あまり時間が無かったので写真を撮って湖畔を少し走り国道へ戻る。
DSCN3708_s.jpg DSCN3713_s.jpg

 国道に戻り先に進む。高速道路が併走してるけど一般道でもこれだけいい道なんだから高速なんて要らない気がする。長万部の手前で、白黒のクラウンが獲物を捕獲していた。今日は捕獲現場によく遭遇する。まぁ法定速度付近でトロトロ走っている僕には関係ないんだけど。

 横を寝台列車が走る。北斗星?トワイライト?信号も無いのですぐ追いつくと思ったらあちらも結構速い。結局見失ってしまった。

 夕暮れが近い。写真の山は二つに見えるけど、もとはひとつの山だったけど噴火によって谷間が出来、今のような形になったそうだ。
DSCN3716_s.jpg

 森を過ぎ国道を外れて道道43号線へ。2ケタ道道だからいい道かと思ったけど、真っ暗な1車線の山道へ。バイクのライトだけでは頼りないのでLEDの懐中電灯も併用しながら進む。ただ、途中まで改良工事が進んでいたのでここももうすぐきれいな道になるんだろう。

 真っ暗な中何とか宿にたどり着いた。夜は近くの温泉に連れて行ってもらった。

 明日はいよいよ北海道を去る。
posted by 三輪車ライダー at 16:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

9/5 27日目 「さらば北海道」

 今日はいよいよ北海道に別れを告げる。フェリー乗り場を目指し函館の街へと向かう。

 どのフェリーで帰ろうか悩んでいた。通常のフェリーと高速フェリーがある。高速フェリーに乗ってみたいけど通常のフェリーの3倍くらいかかる。人の運賃が高いのもあるけど、バイクの料金が排気量別に分かれていなくて原付も大型も同じ値段、さらに原油が高かった時期だったので燃油サーチャージも追加される。でもせっかくなので・・・奮発して高速フェリーに乗ることにする。

 DSCN3722_s.jpg
 バイクは最初に乗船なので早く行ってまっているとテレビカメラの取材が来ていた。このときは全然知らなかったんだけど、前日に、年内に高速フェリーを廃止すると言う発表があったそうだ。無理してでも乗ってよかった。ちなみに2009年は夏季限定で復活するそうです。

 いよいよ高速フェリー「ナッチャンWorld」に乗り込む。バイクを固定して・・・もうこれで北海道ともお別れ。一度は行ってみたかった憧れの北の大地。本州とは明らかに違う景色。もうバイク自走で来ることは無理かもしれないけど、他の手段でもいいからまた来たい。ありがとう、北海道。
「一歩前に出る勇気があれば きっと何かがはじまる 〜試される大地  北 海 道〜」
DSCN3724_s.jpg

 船内に入ると今まで見た船とは明らかに違う雰囲気。こちらの席が指定席として割り当てられているけど、ここには座らずに一番前のフリースペースに陣取った。
DSCN3728_s.jpg

 さぁいよいよ出港だ。
DSCN3727_s.jpg

 この船に乗りたかった理由は速さと大きさ。10000トン超の大型船が60km/hで進むなんてほかでは経験できない。しかし当然燃費は悪く、うわさではリッターあたり8mだとか・・・。これで計算すると函館〜青森113kmで必要な燃料は14125リットル。しかも重油ではなく軽油だ。僕のバイクはリッター50kmは走ってくれるのでもしこれだけのガソリンがあれば地球を15周以上できる。

 函館を出るときには曇り空だったけどだんだん晴れてきた。モニターに映し出される速度表示は34ノット(約62km/h)辺りを示している。
DSCN3751_s.jpg

 そして姉妹船の「ナッチャンRera」とすれ違う。
DSCN3749_s.jpg

 後部デッキが開放されたので外に出る。外に出ると改めて速さを実感できる。普通のスクリューではなく、水を勢いよく吐き出して推進力をえているので水の吐き出し口はすごい迫力だ。
DSCN3768_s.jpg DSCN3773_s.jpg

 遠くに青森の街が見え始めた。
DSCN3780_s.jpg

 2時間の航海を終え本州へ上陸だ。他の車が出て行くのをぼーっと眺め一番最後に降りた。
DSCN3796_s.jpg

 速さも形も今までの船とはまったく違う。
DSCN3799_s.jpg DSCN3802_s.jpg

 青森の市街を抜け八甲田へ向かう103号線で南下する。北海道の道に慣れてしまったせいか、とても狭く感じる。実際この道は勾配もきつくカーブも多い。
DSCN3816_s.jpg

 峠を下ると奥入瀬の入り口だ。高校の時の部活の顧問の先生が奥入瀬は見ておいたほうがいいと言っていたので、ゆっくり進むことにする。
DSCN3817_s.jpg DSCN3820_s.jpg

 確かにこれはいい。先生の言っていたことは嘘ではなかった。とにかく、きれいな水と緑の空間にいるだけで気分がいい。その上景色も美しい。

 走っていると滝も見つけた。滝では絵を描いている人もいた。
DSCN3829_s.jpg

 看板についてた謎のゆるキャラ。東北地方の形をしているみたいだな。「とうほくん」とでも名づけておこうか。
tohoku1.JPG

 奥入瀬を抜けるとそこは十和田湖。
DSCN3832_s.jpg

 ここで、今日の目的地はもう一つ先の湖、田沢湖YHに決める。まだ結構距離があるので先を急ごう。

 十和田湖から鹿角の市街地へ下る。この辺りでガソリンを入れておけばよかった。341号線に入りさらに南下する。八幡平の西を通る341号線はとにかく山ばかり。途中から民家というものが一切無くなった。ガソリンが気になる。そして峠を越え、勾配も緩やかになったところでついに力尽きた。1L携行缶から給油。ナビによると宿まではまだ30kmほどある。あとは宿の近くにGSがあることを祈るだけだ。

 さらに無人地帯をしばらく走り、やっと民家が見えてきた。日も暮れてしまったけど、田沢湖の入り口のGSが開いていて一安心。給油して坂を登り、宿に到着した。

 結構南まで来たな。今朝は北海道にいたことがなんだか嘘のようだ。
posted by 三輪車ライダー at 02:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

9/6 28日目 「小京都〜民話のふるさと」

 宿は田沢湖のすぐそば。湖に像が建っているのでそこまで湖畔を走ることにした。

 DSCN3837_s.jpg DSCN3838_s.jpg

 途中何か野生動物が道路を横切っていくのが見えた。像のあるところに到着。このたつこ像は悲しい美女伝説を基に作られている。
DSCN3845_s.jpg DSCN3848_s.jpg
 実物はどれほどの美人だったんだろうか・・・

 ちなみに田沢湖は日本一深い湖。その水深は423m。湖面が標高249mのところにあるので一番深いところは海面より下にある。

 田沢湖から角館へと下る。東北の小京都、角館の街中に入る。駐車場は有料だったけどバイクはどこへ置けばいいんだろう?さまよっていると武家屋敷の前の道に。特に規制もされていなく、自由に通ることが出来る。これはちょっと残念だ。せっかく雰囲気のある町並みなのに車がフツーに走っていたんじゃ台無しだ。まぁ乗ったまま観光できるって言うメリットもあるけど・・・。
 
 結局バイクは図書館の前において、歩いてみる。
DSCN3856_s.jpg DSCN3863_s.jpg
DSCN3866_s.jpg DSCN3869_s.jpg
 武家屋敷はふすまや障子で区切られた部屋がいくつもつながっているのが特徴的だった。

 バイクに戻り再スタート。横を走る田沢湖線を「こまち」が走っていった。トンネル連続の流れの速い嫌な峠を越える。長い仙石トンネルを抜けると岩手県だ。登坂車線はあるとうれしいけど、個人的には下りで飛ばすのも怖いので下坂車線?も欲しいところだ。

 国道沿いのドライブインで冷麺を食べる。ドライブインと聞くと峠道にあるなんだか寂れた店という印象があるけど、ここは結構人が多い。
 
 食後、宿を決めようと中尊寺近くのYHに電話してみるもののもうやっていないそうだ。どうしよう・・・。とりあえず盛岡まで進むことにする。

 途中滝沢村に入る。滝沢村は人口約53000人で「村」としては全国1位だ。「市」である歌志内の10倍以上の人が住んでいる。

 盛岡市街に入る。フル規格の新幹線が通っているから都会なイメージがあったけど、実際には秋田のほうが都会かな(あくまで個人的な主観)。盛岡城址のそばに止まって宿を考える。遠野に行ってみよう。と言うわけで今日の目的地は遠野市の遠野YH。

 盛岡からはひたすら走る。道の駅「紫波」で水分補給。北海道では寒くて冷たい飲み物なんてあまり飲もうと思わなかったけど、だいぶ南下してきたので結構暑い。

 遠野駅前で一枚。この後スーパーで酒類を購入し宿へ向かった。
DSCN3873_s.jpg

 今日は夕飯の時間までに到着できそうなので夕飯を頼んでおいた。いつもコンビニのものだと辛いしね。夜は遅くまで話していて寝たのは日付が変わってからだった。
posted by 三輪車ライダー at 01:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/7 29日目 「河童探し」

 今日は天気が悪い。小雨なので進めないことはないけど進むのはやめて、遠野を見学することにする。

 宿の周りの歩いて回れるところを見て回る。まずはかっぱ淵。カッパが出没した場所と言うことだけど、確かにちょっと不気味な雰囲気があってそういう伝説があってもおかしくない。
DSCN3874_s.jpg


 出た!!カッパ



の像が。遠野のカッパは顔が赤いのが特徴だそうだ。
DSCN3876_s.jpg DSCN3878_s.jpg

 水中を見ると高速でカクカクした動きをする物を発見。いったいなんだろう?

 続いてすぐ隣の常賢寺へ。ここにはカッパの狛犬がいる。ちゃんと頭に皿があって、お金が入れてあった。
DSCN3884_s.jpg DSCN3885_s.jpg

 次の伝承園へ向けて歩いているとビールのポスターが貼ってある。遠野はホップの産地で、秋にはキリンが遠野産ホップを使ったビールを発売するそうだ。

 伝承園は昔の家屋が再現されている。この辺りの家の特徴は南部曲り家といって、馬小屋と人が暮らす母屋が一体になっている。馬を大切にする文化からこのような形になったそうだ。その馬にカッパがいたずらをしにやってくる。なんだか縁側に座って一日中のんびりしていたい気分になる。
DSCN3901_s.jpg DSCN3913_s.jpg
DSCN3899_s.jpg DSCN3909_s.jpg

 色々な体験が出来るところもある。「馬っこ」というわら細工を作る。地元のおばあさんたちが教えてくれるんだけど、僕に話しかけてくれるときは何とか聞き取れるものの、おばあさん同士で話しているときは何を言っているのかまったくわからなかった。
 最初は苦戦したものの段々コツをつかんできて無事完成。費用は500円で本当は飾りはつかないんだけど・・・どんどんサービスしてくれてとても豪華な馬っこになった。
IMGP7855_s.jpg

 昼ごはんは、施設に併設されたレストランで「ひっつみ」を食べる。ひっつみとはすいとんのこと。小学校の給食ですいとんが出てあまり好みの味じゃなかったので、それ以来食わず嫌いになっていたけど・・・おいしいじゃない!。子供にはわからない味なのかも。体験コーナーのおばあさんたちが味噌おにぎりもおいしいと教えてくれたので味噌おにぎりも注文。なんだかひっつみにとても合う味のような気がする。
DSCN3916_s.jpg

 午後からはバイクでぶらぶら。駅の横の観光案内所で、民話の語り部の方が話してくれると言うの聞いてそちらに向かう。やはり解説を聞かないと言葉がわからない。他のお客さんは東北出身の人が多くほとんどわかったそうだ。

 宿にカワイイカッパのぬいぐるみがあったので、いいのがあったら買おうと思っていたけど、カッパ太郎というやつ(上の写真で馬っこに乗ってるの)がいたのでこいつを購入。あしたからバイクにつけて走ろう。

 また酒類を買って宿に戻った。しかし、かっぱ淵でみた水中を動いていたのは何者だったんだろう?たぶんカエルとかだろうけどカッパということにしておいたほうがいいな。
posted by 三輪車ライダー at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

9/8 30日目 「金ピカ」

 今日は天気が回復した。中尊寺方面へ向かう。

 宿の前の風景。この日本の田舎って感じの雰囲気が遠野の魅力の一つ。
DSCN3919_s.jpg

 同じ部屋に泊まっていた方の愛車がマツダロードスター。「保険きくから乗ってみる?」っと言われたのでお言葉に甘え乗せてもらうことにした。久々のMT車。何とか走り出すことが出来た。バイクの開放感と車の安定感の両方がある。実に楽しい。オープンカーが欲しくなってきた。

 宿に戻り準備をしてスタート。まずは遠野の街が見渡せる高清水山へ。1車線の頼りない道をどんどん登っていく。小さな展望台があった。
DSCN0004_s.JPG
 
 このまま道を進んでも何処かに抜けられそうだけど、どうなるかわからないのでまた来た道を引き返す。この辺りは牧場になっていて、なんともいい感じの木が一本立っていた。
DSCN3936_s.jpg

 山を下っているとロードスターの方とすれ違った。山を下って少し行くと太郎淵というのがあった。こちらもカッパ伝説のあるところだそうだ。
DSCN3939_s.jpg DSCN3942_s.jpg
 
 道の駅に寄った後国道107号と県道を使って水沢江刺方面へ抜ける。そこから天下の一桁国道4号線へ。南下して平泉・中尊寺を目指す。

 中尊寺付近に到着。参道入り口に駐車場があったけどさらに奥へ進めそうだったので進んでみる。やがて有料駐車場があったけど、駐車禁止の標識の下に(二輪は除く)って書いてあったので道端に止める。観光地へ行っても駐車料金がほとんどかかることがないのがバイク旅のメリットの一つ。

 ここまで来ると金色堂は近い。でも今となっては参道の雰囲気を味わって来ればよかったと後悔している。拝観券を購入。この券で資料館も見学できるのでまずは資料館へ。貴重な仏像が多数あるほか、修復作業の様子なども展示されている。

 そしていよいよ金色堂へ。今回東北で一番見たかったところだ。写真に写っているのは金色堂ではなく、金色堂を守るための覆堂。この建物の中にもう一つ建物がありそれが金色堂だ。残念ながら内部は撮影禁止だったので写真がないけど、それはそれは見事なものだった。外から内装まで全部金色だもの。
DSCN3948_s.jpg

 外に出たところには芭蕉さんが立っていた。
DSCN3957_s.jpg

 今の覆堂は戦後建てられた新しいもので、古いものも残されていた。
DSCN3954_s.jpg

 まだ宿を決めていないので決めなければ。仙台まで行くのはちょっとキツイかな。と言うわけで気仙沼の先の唐桑半島にあるリアス唐桑YHに決めた。

 参道入り口の売店前に静岡市ナンバーのレッツが止まっていた。すぐ後ろに止めてジュースを買って戻ると、持ち主の方が声をかけてきてくれた。あちらも浜松市ナンバーを見て驚いたそうだ。来週までに四国まで行くそうだ。50ccで旅をするのは本当にすごいと思う。

 一関から気仙沼へ。信号も少なく一気に進む。漁港の独特な雰囲気のある気仙沼市街を抜けて唐桑半島へ。

 今日も早く着けそうだったので食事を頼んでおいた。さすがは気仙沼周辺、魚介類でいっぱいだった。

 宿のオーナーさんの話によると岬周辺からは太平洋から昇ってくる朝日がきれいなんだそうだ。ここで朝日を見た後、日本海を目指して走り夕日を見るライダーさんが時々いるそうだ。東北地方だからなせる業。明日は早起きして岬まで行ってみようと思う。


本日のルート
久々の復活です

大きな地図で見る
posted by 三輪車ライダー at 22:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。