2011年01月07日

8/17 39日目 「九州上陸」

◆海沿いを行く

 実家でしばらく過ごした後、九州へ向けて旅立つ。今日の目的地は大分県国東市の国東半島国見YH。国東半島へは徳山からフェリーを使う予定だ。さて、西へ向かうにはひたすら2号線を走ればいいけど、三原から山に入る。たぶん岡山と同じような流れの速い不快な道だろう。そこで、三原から海沿いを走る185号線を走ることにする。この道は何度か通ったことがある。交通量も少ないし、海沿いを走るので景色がいい。また、沿線には漁業や造船業を主産業とする街がいくつかあり、独特の雰囲気がある。信号も少ないこの道を快調に進む。


◆日本一短い

 この185号線は呉線という鉄道と併走している。こちらもところどころ海が見え、海のすぐそばを走るところでは、線路への負担を抑え、保線の手間を省くために景色をゆっくり楽しむために自転車くらいの速さで走る。ただ景色を楽しむには向かない通勤タイプの電車が多いのがちょっと残念。

 その呉線に安登駅と言う駅がある。この駅と185号線を結ぶのが、広島県道204号線だ。と言っても駅は国道のすぐそばにあり、この県道の長さはたったの10.5メートル。日本一短い県道になっている。しかも拡幅工事が行われ、結局長さよりも幅のほうが広くなってしまった。もう県道ではなく駅前ロータリーの一部にしてしまえばいいような気もするけど、ネタとしてはこのままにしておいてほしい。

IMGP0053_s.jpg


◆島へ

 広の市街地を抜けて国道からそれる。このまままっすぐ国道を行けば広島に行けるけど、この先は車が多そうだ。そこで、島へ渡り、フェリーで広島港を目指すルートを選んだ。遠回りだけど島ののどかな風景を見ながらマイペースで走れる。船にも乗れるしね。

IMGP0054_s.jpg

 音戸大橋(写真)を渡って、ループをぐるぐる下ると倉橋島。次の橋は早瀬大橋で、渡ると能美島。そして能美島を走っていると、いつの間にか江田島になる。昔は能美島と江田島は別の島だったそうだ。だけど、間が埋め立てられて一つの島になってしまったそうだ。そのため海を渡ることなく島の名前が変わってしまう。

 埋め立てで繋がる島があれば、元々本州だったところが島になってしまって例もある。浜名湖の弁天島がそうだ。今では浜名湖は海と繋がっているけど昔はそうではなかった。それが地震をきっかけに海とつながり、真ん中の取り残された部分が島になった。今では弁天島駅があるけど島なのに駅があるところは珍しい。ちなみに、新幹線からもよく見える弁天島の鳥居は実は観光用に造ったタワー。

 話を戻して、江田島の北にある切串港をめざす。この辺りに島は以前レンタルバイクのリード100を借りて来た事があるのでどこにも寄らずにまっすぐ進む。時計を見ると出航時間の12:40が迫ってきている。本数は多いとはいえこの船を逃すと30分以上待つことになる。夕方までに徳山に着かなければいけないのでなるべく時間のロスはしたくない。乗船券を買う時間などを考えるとかなり厳しい。出航2分前に港に到着。急いで乗船券を・・・と思ったら「料金は船内で払ってください」の看板があってそのまま乗船。瀬戸内海のフェリーではよくあることで、僕は慣れてるからいいけど初めての人は戸惑うと思う。バイクの固定もなし。これも瀬戸内ではデフォルト。まぁまず揺れないからね。

IMGP0055_s.jpg

 すぐに係りの人が回ってきたので料金を支払う。別に車両甲板にいても問題ないみたい(車に乗ったままの人も多い)だけど、2階へあがって船内探検。

IMGP0066_s.jpg
 遠くに広島市街が見える。夜は夜景がきれいかな?

IMGP0073_s.jpg
 すれ違う船は「レインボーのうみ」こちらは能美島のほうへ向かう。

IMGP0078_s.jpg
 切串へ向かう「入船」。

◆広島

IMGP0080_s.jpg IMGP0084_s.jpg

 少しの間の船旅を終え、広島港に到着。乗ってきた「第八きりくし」は少し休憩するみたいで、次の便はほとんど同じ「第五きりくし」。港を散歩して船の写真を撮る。

IMGP0089_s.jpg IMGP0094_s.jpg
 広島〜松山のスーパージェット。

IMGP0090_s.jpg
 クルーズ船「銀河」。

 港の外に出ると、広電の電停。以前来たときとは大きく変わっていた。今度は電車の写真を撮る。広電の路面電車は「動く博物館」などと言われ、全国各地の廃止になった路面電車が走っている。

IMGP0096_s.jpg
 これは京都からやって来た電車。

IMGP0098_s.jpg
 これは確か福岡からやって来た電車だったと思う。奥に見えるのは新型のグリーンムーバーmax。

IMGP0099_s.jpg 
 これはどこかからやって来た電車ではなく元から広電の電車。数が多いのか街中ではよくこの顔の電車を見かける。


 すっかり広島の乗り物紹介のコーナーになってしまったけど、先へ進もう。広島は三角州に発展した町で、川が多い。そのため当然橋のあるところしか渡れず、ルートが限られる。今回は一番南側のルートを進む。

 2号線に合流。バイパスのある区間なのであまり車は多くなく、信号も多く流れも遅いのでたすかる。でも宮島口の手前でバイパスが終わり、車が増える。信号も減ってきて流れも速くなる。必死に走る。もう2号線はいやだ・・・。


◆黄色

 川を渡ると山口県に入る。2号線はいやなのでなるべく県道を通っていこう。岩国市に入り、真っ直ぐ徳山を目指そうと思ったけどせっかくなので錦帯橋に寄っていく。って言っても渡ったことはあるので今回は見るだけ。

IMGP0103_s.jpg

 山口の県道は、ほかのところでは白や茶色のあるものが黄色い。

IMGP0112_s.jpg

 そう、ガードレール。夏みかんの色をイメージしているそうだ。

 通っていた県道は旧山陽道のようだ。途中かなり狭い山道に入り、あってるのか不安になったけど、ナビではちゃんと県道上にいることになっていたので信じて進む。そのうち家が見え、道も広くなった。最終的には2号線に合流し、もう間もなく徳山だ。


◆サヨナラ本州

IMGP0113_s.jpg

 時間を心配していたものの結局、出航時間の1時間以上前に到着してしまった。ウロウロする前に乗船手続きを済ませてしまう。

IMGP0114_s.jpg

 港から駅まですぐなので、駅のほうを散歩する。街を見てまわるには歩くのが一番。しかし、荷物満載のバイクから離れるのは少し心配で、どうも落ち着かない感じがする。まぁ盗む人もいないだろうけど・・・。国東に到着後宿まで店がない可能性が高いので、コンビニに寄って食料を調達しておく。

IMGP0127_s.jpg 

 港に戻る。船が若干遅れて到着した。これから乗るのはスオーナダフェリーの「ニューくにさき」。流石にこの船ではバイクは固定された。車両甲板も水の入らない密閉タイプだ。

 出航は時間通り。しばらくは本州には戻らない。サヨナラ本州。

IMGP8976_s.jpg
 
 船内は乗客はあまり多くなく静かだ。本州〜九州のルートとしては関門海峡を経由よりショートカットできるし、安全だし、エコだし・・・。だけどやっぱり車の人は高速で行っちゃうのか、かなり苦戦しているようだ。高速1000円がそれに追い討ちをかける。そして2011年2月からはついに減便されてしまうそうだ。

IMGP8979_s.jpg

 道路に負けてしまって消えていった航路は数え切れないほどある。橋を架けることに反対するつもりは無い。波の高い日でも行き来できるし、何より緊急時に救急車や消防車などがスムーズに移動することができる。実際、瀬戸内海の島では橋を渡る救急車を見かけることは多い。ただ、島の街が港を中心としている、と言うのはどこの島にも言えることだろう。一方、橋は海が最も狭いところに架けるのが一般的だろう。となると、元々の街とは全く関係の無いところに橋が架かってしまうことも多い。橋を中心に新しい街が・・・なんて元気のいい島はほとんど無い。橋が架かったのを機に航路が廃止され、港に着く船が無くなれば元々の街が衰退してしまうような気がする。また、車に乗れる人はいいけど、そうではない人はかえって不便になるかもしれない。まぁこの点は航路に替わるバスを走らせれば解決できるけど。

IMGP8981_s.jpg

 橋に航路が負けるのは仕方が無いかもしれないけど、これが高速1000円という思いつきのような政策に負けるとなると話は別だ。航路だけでなく、鉄道や航空機、渋滞に巻き込まれるバスにまで影響を与えている。この1000円と言う数字はどこから出てきたのだろうか?これらに与える影響をあらかじめ計算して金額を割り出すことはできなかったのだろうか?これからの時代に、公共交通よりも自家用車を優先するようなことをしていてはダメじゃないのかな。船にしろ何にしろ一度廃止されてしまったら、復活させるのはほぼ不可能だろう。路面電車がいい例。かつて車の邪魔になるからと次々に廃止された路面電車が、近年になって地下鉄みたいな階段が無いからバリアフリーだの何だのと注目されるようになった。だけど復活を実現させた例は無い。

IMGP8989_s.jpg

 実はスオーナダフェリーには高速バスが載る。広島と大分を結ぶ「別府ゆけむり号」だ。広島〜徳山はバスが自走、徳山〜竹田津はフェリーにバスごと載せ、竹田津〜大分は再びバスが自走する。乗客としても、狭い車内から解放され雑魚寝席にゴロンと横になったりできるのでいいんじゃないかな。苦戦するフェリーを存続するための一つのヒントにならないだろうか。

IMGP9003_s.jpg
 
◆こんばんは 九州

IMGP9022_s.jpg

 2時間の航海を終え、九州は国東半島の竹田津港に到着した。ここから本日の宿までは10分ほどだ。途中に開いてる店は無く、徳山で食料を買っておいて正解だった。

 本日のお客は僕を含めて2名。部屋にいても寂しいのでロビーのソファーに座っているともう一人の方がこられたのでしばらく雑談。食堂の冷蔵庫にジュースの無人販売(冷蔵庫の上に瓶がおいてあって120円入れてジュースを取る)があって、見てみるとかぼすジュースなど珍しいものがあったので飲んでみる。明日は一気に南下しようかと思っていたけど、国東半島の手作り地図を見ていると色々まわってみたくなった。

 そういえば受付にカブのミニカーが大量に飾られてた。ペアレントさん(YHのオーナーのこと)が集めたのかな?明日の朝聞いてみよう。


本日のルートは設定がおかしくなっていて記録されていなかったのでしばらくお休みいたします
posted by 三輪車ライダー at 02:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
待ってました!

西日本編、始まっていたのですね。
楽しく読ませて頂いております
& 更新を楽しみにさせて頂きます。
Posted by くろ at 2011年01月25日 19:41
>くろさん

卒業論文や引越しの準備などでバタバタして、更新が進んでおりません。
楽しみにしてくださってるのに申し訳ないです。

落ち着いたらまた更新しますので、よろしくお願いいたします。
Posted by 三輪車ライダー at 2011年03月15日 11:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。