2009年06月18日

9/13 35日目 「旅の終わり」

 あとは横に長い静岡県を横断するだけだ。残念ながら今日は富士山の頂上は見えない。

 宿の近くで見つけた看板。ここまで書かれたらさすがに通らないな・・・
DSCN4180_s.jpg

 246に入り沼津へと下る。下りのきれいに整備された道なので流れが速いので怖い。白バイを見つけた気をつけよう。

 沼津から国一へ。後はひたすら西へ向かうだけ。沼津からの国一はずっとバイパスになっているので車で走るにはいいけど小排気量車にはきつかったりする。道の駅「富士」で休憩。スタンプは反対車線側にあるようなので地下道を通りスタンプを押しに行く。

 富士川を渡り60Hz地域へ。由比のあたりでは海と山に挟まれた狭いところに東海道線、東名高速、国一と日本の大動脈が併走している。このあたりも速い車は結構飛ばす。電車に乗っているときでも同じくらいの速度でついてくる車がいるし、隣の東名の車より速い奴もいる。

 清水の手前でバイパスから離れる。静清バイパスは自専道路なので通ることができない。清水、静岡の市街地を抜ける。静岡は浜松と違い国一が市街地の中を走っているので流れが悪い。

 トンネルで宇津ノ谷峠をこえる。ここからの藤枝バイパスも自専道路なので通ることができないため旧道へ。こちらも信号機が多く抜けるのに時間がかかる。

 島田からまたバイパスへ。島田金谷、日坂、掛川、袋井、磐田のバイパスを通って天竜川を渡る。いよいよ浜松市だ。

 あとは見慣れた景色の中を走る。ほかの街では全然気にならなかったのに、なんだか家が近づくと荷物満載のバイクが恥ずかしく思える。そして14:18、無事帰宅した。

本日のルート

大きな地図で見る


 これで東日本編は終了です。しかしまだ日本一周できていません。西日本は2009年の夏休みに旅をする予定です。まとめはそれが終わってから書こうと思います。
 
 旅で出会ったすべての方々、ありがとうございました。
 
 そしてこのblogを読んでくださった方々、ありがとうございました。 
posted by 三輪車ライダー at 20:08| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/12 34日目 「関東平野突破」

 正直、今日と明日はとにかく移動しただけでどこも観光したわけではないけど、一応書いておこう。

 筑波山を下れば後はひたすら平ら。あと超えなきゃいけない大きな峠といえば足柄くらいだ。都心を抜けると時間がかかりそうなので16号線でさいたまのほうを大回りするルートにした。

 山を下り294号で南下。途中から県道に入り利根川を渡る。ここからほんの少しの間千葉県だ。一応千葉県にも足跡を残すことができた。残念ながら群馬県と山梨県には行けそうにない。

 16号線に入り埼玉県。ひたすら進む。車が多いけど、荷物もたくさん積んでいるしサイドバッグもつけているのですり抜けはなるべくしないようにする。狭山のサティで小休憩。

 東京都に入り横田基地の横を通る。八王子はバイパスを通らず旧道で。中央線八王子駅の西側の踏み切りのところはさすがにすり抜けた。

 神奈川県へ入り橋本から129号線へ。厚木まで南下する。厚木からは246号線、ここからはひたすら246号だ。

 小田急愛甲石田駅前の吉牛で休憩。時間は16時前。このまままっすぐ泊まらずに帰ることも十分可能だけど日が暮れてからはあまり走りたくないし、急ぐこともない。宿を決めて電話をする。今日の宿は静岡県御殿場市の御殿場YH。

 246もここら辺になるとさすがに交通量もそこまで多くはない。順調に走りながら山を上る。いよいよ静岡県。道の駅「ふじおやま」でスタンプを押す。

 そして宿に無事到着。明日はいよいよ最後だ。

本日のルート

大きな地図で見る
posted by 三輪車ライダー at 00:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

9/11 33日目 「コレクションホール」

 東照宮は宿の近くなので歩いていってみる。
DSCN4081_s.jpg

 階段を上り、杉並木を進んでいく。
DSCN4083_s.jpg

 東照宮の入り口に来たけれど・・・
料金が高かったので入らなかった。また再びこなければいけないところを増やしてしまった。
DSCN4087_s.jpg DSCN4088_s.jpg

 バイクに戻りスタート。120号と119号で宇都宮方面へ向かう。立派な杉並木が続く。バイパス道路もあったけど飛ばしたくないので旧道を走る。

 市街地の中心部を通る。どちらかというとJRの駅より東武の駅のほうが中心になっている感じがした。駅前のちょうどいいところで信号にかかったので写真を一枚。
DSCN4089_s.jpg

 どこかで餃子を食べたいと思っていたけど店を見つけられず市街地を出てしまった。ここから南下をせずにちょっと寄り道。ツインリンクもてぎにあるホンダのコレクションホールに向かう。

 123号線は宇都宮〜水戸を結んでいるだけあって結構交通量がある。茂木に着き道の駅「もてぎ」で宿に電話する。今日の目的地はつくば市の筑波山荘YH。

 道の駅をでてツインリンクに向かう。ゲートで入場料を払って入場。見るところはいろいろあるのかもしれないけどまっすぐコレクションホールへ。ここには貴重な車やバイクが展示されている。内部の様子を紹介すると長くなるのでまた後日別の記事で書くことにする。
DSCN4179_s.jpg

 見学を終えて筑波山へ向け走り出す。天気が怪しかったけどついに雨が降ってきてしまった。しかも途中は結構強く降った。

 雨の中走っていると鳩のマーク(本当はフェニックスらしい)のコンビニが。そう北海道でお世話になったセイコーマート。茨城にもあるという噂は聞いていたけど本当にあった。函館で作ったポイントカードもちゃんと使えた。

 暗くなってから宿に到着。19時までに時間厳守で到着するようにと言われていたけど18:50ぐらいだった。宿の決まりなのかもしれないけど、筑波山へ登る道は19時以降二輪車通行禁止なのでそのためかもしれない。

 学研都市の夜景がきれいだった。

本日のルート

大きな地図で見る
posted by 三輪車ライダー at 00:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

9/10 32日目 「ラーメン食べて関東へ」

 宿を出てまずは福島市街へ向かう。福島からは115号線で会津方面へ。コンビニで休憩し軽めの朝食。ここから山越えだ。

 一気に山を登って行く。道がよくて流れが速いけど登坂車線のあるところが多かったので助かった。やはり125ccのエンジンでも荷物満載の上り坂は正直ツライ。

 道の駅「つちゆ」による。山がずっと向こうまで続いている。
DSCN4070_s.jpg

 ここからはトンネルが増える。3000メートル超の土湯トンネルを抜け少し行ったところから国道を離れ、有料道路磐梯吾妻レークライン方面へ向かう。有料道路の通行料金は90円。

 山の緑の中に湖が見える風景はなかなか美しい。
DSCN4076_s.jpg DSCN4077_s.jpg

 何かの撮影だろうか、高級外車スポーツカー3台とカメラをつけた車(こっちも高級外車)が走っている。

 道の駅「裏磐梯」によってから喜多方の街へと下る。まっすぐ国道4号ではなくわざわざ会津経由にしたのはラーメンが食べたかったからだ。喜多方ラーメンと言えばあまりに有名だ。駅でラーメンマップがもらえるとマップルに書いてあったので駅を目指す。

 ラーメンマップには43件のラーメン屋が載っていたけどとりあえず駅から近い店に向かう。そういえば「○○軒」や「○○園」といったラーメン屋によくある名前よりも「○○食堂」という名前の店が多い。43件中、22件が食堂と名乗っている。

 奮発してチャーシュー麺にした。喜多方と言えばやっぱり太い多加水麺。駅の写真もラーメンの写真も撮ったような気がするんだけど見つかんないから多分撮り忘れたのだろう。

 会津盆地を南下し、会津若松の市街地を抜ける。結構発展している街だ。GSで給油し、宿の予約をする。今日の目的地は栃木県日光市の日光杉並木YH。車の多い日光街道を南下する。

 途中後ろから車両運搬用のトラックがものすごい勢いで煽ってきた。危険を感じてすぐに端によって避けたら今度は前の教習車を煽りさらにはクラクション。何とも自己中心的な運転をする奴。他人に危害を加える前に谷底にでも落ちて消えてくれ給え・・・

 横を通っている電車、山奥だけど、東武浅草まで直通で行くことが出来る。

 道の駅「たじま」で休憩。そしてトンネルを抜けるといよいよ関東地方、栃木県だ。マップルも関東甲信越へ。もうマップルを換えるのも最後だ。
DSCN4079_s.jpg

 川治、鬼怒川の温泉地を抜けて行く。途中から広域農道に入って日光へ。宿は東照宮の近くだった。

 宿に泊まっていたのは僕以外全員外国人。ここ日本だよね?今まで英語は勉強してきたつもりだけど、いざ会話しろとなると出来ない。僕の勉強不足もあるかもしれないけど、日本の英語教育が文法や単語を覚えることや、和訳英訳などに偏っているのは事実だと思う。肝心のコミュニケーションの授業なんてほとんどないものな。

 まぁ何とかして外国のトランプを教えてもらってみんなで遊ぶことができた。

本日のルート

大きな地図で見る
posted by 三輪車ライダー at 00:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

9/9 31日目 「リアス式」

 朝4:30ごろ起きて日の出を見に行く。バイクで5分ほどで岬の駐車場に到着。海のほうを向いてしばらく待つ。

 だんだん空が明るくなっていく。
DSCN3970_s.jpg DSCN3993_s.jpg

 そして太陽が昇った。海から上ってくるのが見られるかと思ったけど。残念ながら少し雲があった。だけど海に光の道が出来てきれいだ。
DSCN4003_s.jpg DSCN4016_s.jpg

 宿に戻ってもう一眠り。宿の方の話によると雲もなく、海から昇ってくるのは1年にほんの数日しかないそうだ。

 支度をして出発。まずは唐桑半島を見る。巨釜というところに行ってみた。いかにもリアス式海岸らしい景色だ。
DSCN4036_s.jpg DSCN4048_s.jpg

 不思議な形の石がある。折石といって津波のときに先端が折れたそうだ。
DSCN4046_s.jpg

 半島を去り気仙沼市街をバイパスでパスする。途中道の駅大谷海岸で休憩。ところどころで海沿いを走る。一度国道45号を離れ、398号線へ。北上川の土手を走る道を通り再び45号線に合流。

 松島が近くなってきたので海沿いの道へ。松の生えた小島が点在する風景は実に美しい。
DSCN4059_s.jpg DSCN4060_s.jpg

 ここで今日の宿を決める。今日の目的地は福島県伊達市のみさとYH。まだ距離があるので先を急ぐ。

 仙台市に入るものの市街地には行かず、郊外の道でパスする。遠くにビル群が見える。結構都会そうだ。しばらく走ると仙台空港の下をくぐる。

 ずっと南下してきたけど、ここから西へ進み福島方向を目指す。阿武隈川と併走する349号線へ。
DSCN4064_s.jpg

 途中休憩中に話したライダーさんは昨日車を追い越しているときにオービスを発見したそうだ。幸い車の陰になっていたので測定は競れなかったとのこと。僕はそんなにスピードを出さない(遅くて邪魔になっている)けど一応気をつけておこう。

 県境付近になると道が狭くなった。その上見通しが悪く、正面から日が照ってきてとても運転しにくい。

 福島県に入る。
DSCN4065_s.jpg

 ちょうど対岸に電車がやってきた。
DSCN4069_s.jpg

 宿に着いたときにはもう真っ暗になっていた。今日は僕一人だけ。夕飯を頼んでいたわけではないけど天ぷらをいただいた。食堂で近所の人の集まりがあるそうなので、はなれの漫画部屋に案内される。窓とドア以外壁全面全部本。高校の先輩にあたるかわぐちかいじ氏の「沈黙の艦隊」を読んですごした。

本日のルート

大きな地図で見る
posted by 三輪車ライダー at 00:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

9/8 30日目 「金ピカ」

 今日は天気が回復した。中尊寺方面へ向かう。

 宿の前の風景。この日本の田舎って感じの雰囲気が遠野の魅力の一つ。
DSCN3919_s.jpg

 同じ部屋に泊まっていた方の愛車がマツダロードスター。「保険きくから乗ってみる?」っと言われたのでお言葉に甘え乗せてもらうことにした。久々のMT車。何とか走り出すことが出来た。バイクの開放感と車の安定感の両方がある。実に楽しい。オープンカーが欲しくなってきた。

 宿に戻り準備をしてスタート。まずは遠野の街が見渡せる高清水山へ。1車線の頼りない道をどんどん登っていく。小さな展望台があった。
DSCN0004_s.JPG
 
 このまま道を進んでも何処かに抜けられそうだけど、どうなるかわからないのでまた来た道を引き返す。この辺りは牧場になっていて、なんともいい感じの木が一本立っていた。
DSCN3936_s.jpg

 山を下っているとロードスターの方とすれ違った。山を下って少し行くと太郎淵というのがあった。こちらもカッパ伝説のあるところだそうだ。
DSCN3939_s.jpg DSCN3942_s.jpg
 
 道の駅に寄った後国道107号と県道を使って水沢江刺方面へ抜ける。そこから天下の一桁国道4号線へ。南下して平泉・中尊寺を目指す。

 中尊寺付近に到着。参道入り口に駐車場があったけどさらに奥へ進めそうだったので進んでみる。やがて有料駐車場があったけど、駐車禁止の標識の下に(二輪は除く)って書いてあったので道端に止める。観光地へ行っても駐車料金がほとんどかかることがないのがバイク旅のメリットの一つ。

 ここまで来ると金色堂は近い。でも今となっては参道の雰囲気を味わって来ればよかったと後悔している。拝観券を購入。この券で資料館も見学できるのでまずは資料館へ。貴重な仏像が多数あるほか、修復作業の様子なども展示されている。

 そしていよいよ金色堂へ。今回東北で一番見たかったところだ。写真に写っているのは金色堂ではなく、金色堂を守るための覆堂。この建物の中にもう一つ建物がありそれが金色堂だ。残念ながら内部は撮影禁止だったので写真がないけど、それはそれは見事なものだった。外から内装まで全部金色だもの。
DSCN3948_s.jpg

 外に出たところには芭蕉さんが立っていた。
DSCN3957_s.jpg

 今の覆堂は戦後建てられた新しいもので、古いものも残されていた。
DSCN3954_s.jpg

 まだ宿を決めていないので決めなければ。仙台まで行くのはちょっとキツイかな。と言うわけで気仙沼の先の唐桑半島にあるリアス唐桑YHに決めた。

 参道入り口の売店前に静岡市ナンバーのレッツが止まっていた。すぐ後ろに止めてジュースを買って戻ると、持ち主の方が声をかけてきてくれた。あちらも浜松市ナンバーを見て驚いたそうだ。来週までに四国まで行くそうだ。50ccで旅をするのは本当にすごいと思う。

 一関から気仙沼へ。信号も少なく一気に進む。漁港の独特な雰囲気のある気仙沼市街を抜けて唐桑半島へ。

 今日も早く着けそうだったので食事を頼んでおいた。さすがは気仙沼周辺、魚介類でいっぱいだった。

 宿のオーナーさんの話によると岬周辺からは太平洋から昇ってくる朝日がきれいなんだそうだ。ここで朝日を見た後、日本海を目指して走り夕日を見るライダーさんが時々いるそうだ。東北地方だからなせる業。明日は早起きして岬まで行ってみようと思う。


本日のルート
久々の復活です

大きな地図で見る
posted by 三輪車ライダー at 22:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

9/7 29日目 「河童探し」

 今日は天気が悪い。小雨なので進めないことはないけど進むのはやめて、遠野を見学することにする。

 宿の周りの歩いて回れるところを見て回る。まずはかっぱ淵。カッパが出没した場所と言うことだけど、確かにちょっと不気味な雰囲気があってそういう伝説があってもおかしくない。
DSCN3874_s.jpg


 出た!!カッパ



の像が。遠野のカッパは顔が赤いのが特徴だそうだ。
DSCN3876_s.jpg DSCN3878_s.jpg

 水中を見ると高速でカクカクした動きをする物を発見。いったいなんだろう?

 続いてすぐ隣の常賢寺へ。ここにはカッパの狛犬がいる。ちゃんと頭に皿があって、お金が入れてあった。
DSCN3884_s.jpg DSCN3885_s.jpg

 次の伝承園へ向けて歩いているとビールのポスターが貼ってある。遠野はホップの産地で、秋にはキリンが遠野産ホップを使ったビールを発売するそうだ。

 伝承園は昔の家屋が再現されている。この辺りの家の特徴は南部曲り家といって、馬小屋と人が暮らす母屋が一体になっている。馬を大切にする文化からこのような形になったそうだ。その馬にカッパがいたずらをしにやってくる。なんだか縁側に座って一日中のんびりしていたい気分になる。
DSCN3901_s.jpg DSCN3913_s.jpg
DSCN3899_s.jpg DSCN3909_s.jpg

 色々な体験が出来るところもある。「馬っこ」というわら細工を作る。地元のおばあさんたちが教えてくれるんだけど、僕に話しかけてくれるときは何とか聞き取れるものの、おばあさん同士で話しているときは何を言っているのかまったくわからなかった。
 最初は苦戦したものの段々コツをつかんできて無事完成。費用は500円で本当は飾りはつかないんだけど・・・どんどんサービスしてくれてとても豪華な馬っこになった。
IMGP7855_s.jpg

 昼ごはんは、施設に併設されたレストランで「ひっつみ」を食べる。ひっつみとはすいとんのこと。小学校の給食ですいとんが出てあまり好みの味じゃなかったので、それ以来食わず嫌いになっていたけど・・・おいしいじゃない!。子供にはわからない味なのかも。体験コーナーのおばあさんたちが味噌おにぎりもおいしいと教えてくれたので味噌おにぎりも注文。なんだかひっつみにとても合う味のような気がする。
DSCN3916_s.jpg

 午後からはバイクでぶらぶら。駅の横の観光案内所で、民話の語り部の方が話してくれると言うの聞いてそちらに向かう。やはり解説を聞かないと言葉がわからない。他のお客さんは東北出身の人が多くほとんどわかったそうだ。

 宿にカワイイカッパのぬいぐるみがあったので、いいのがあったら買おうと思っていたけど、カッパ太郎というやつ(上の写真で馬っこに乗ってるの)がいたのでこいつを購入。あしたからバイクにつけて走ろう。

 また酒類を買って宿に戻った。しかし、かっぱ淵でみた水中を動いていたのは何者だったんだろう?たぶんカエルとかだろうけどカッパということにしておいたほうがいいな。
posted by 三輪車ライダー at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/6 28日目 「小京都〜民話のふるさと」

 宿は田沢湖のすぐそば。湖に像が建っているのでそこまで湖畔を走ることにした。

 DSCN3837_s.jpg DSCN3838_s.jpg

 途中何か野生動物が道路を横切っていくのが見えた。像のあるところに到着。このたつこ像は悲しい美女伝説を基に作られている。
DSCN3845_s.jpg DSCN3848_s.jpg
 実物はどれほどの美人だったんだろうか・・・

 ちなみに田沢湖は日本一深い湖。その水深は423m。湖面が標高249mのところにあるので一番深いところは海面より下にある。

 田沢湖から角館へと下る。東北の小京都、角館の街中に入る。駐車場は有料だったけどバイクはどこへ置けばいいんだろう?さまよっていると武家屋敷の前の道に。特に規制もされていなく、自由に通ることが出来る。これはちょっと残念だ。せっかく雰囲気のある町並みなのに車がフツーに走っていたんじゃ台無しだ。まぁ乗ったまま観光できるって言うメリットもあるけど・・・。
 
 結局バイクは図書館の前において、歩いてみる。
DSCN3856_s.jpg DSCN3863_s.jpg
DSCN3866_s.jpg DSCN3869_s.jpg
 武家屋敷はふすまや障子で区切られた部屋がいくつもつながっているのが特徴的だった。

 バイクに戻り再スタート。横を走る田沢湖線を「こまち」が走っていった。トンネル連続の流れの速い嫌な峠を越える。長い仙石トンネルを抜けると岩手県だ。登坂車線はあるとうれしいけど、個人的には下りで飛ばすのも怖いので下坂車線?も欲しいところだ。

 国道沿いのドライブインで冷麺を食べる。ドライブインと聞くと峠道にあるなんだか寂れた店という印象があるけど、ここは結構人が多い。
 
 食後、宿を決めようと中尊寺近くのYHに電話してみるもののもうやっていないそうだ。どうしよう・・・。とりあえず盛岡まで進むことにする。

 途中滝沢村に入る。滝沢村は人口約53000人で「村」としては全国1位だ。「市」である歌志内の10倍以上の人が住んでいる。

 盛岡市街に入る。フル規格の新幹線が通っているから都会なイメージがあったけど、実際には秋田のほうが都会かな(あくまで個人的な主観)。盛岡城址のそばに止まって宿を考える。遠野に行ってみよう。と言うわけで今日の目的地は遠野市の遠野YH。

 盛岡からはひたすら走る。道の駅「紫波」で水分補給。北海道では寒くて冷たい飲み物なんてあまり飲もうと思わなかったけど、だいぶ南下してきたので結構暑い。

 遠野駅前で一枚。この後スーパーで酒類を購入し宿へ向かった。
DSCN3873_s.jpg

 今日は夕飯の時間までに到着できそうなので夕飯を頼んでおいた。いつもコンビニのものだと辛いしね。夜は遅くまで話していて寝たのは日付が変わってからだった。
posted by 三輪車ライダー at 01:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。